FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の足で歩く
2012-03-13 (火)
またちょっと寒さが戻りましたね{{(>_<)}}今日は三木では雪が降りました

説明会、続々とご予約ありがとうございます。
既に現在ほぼ満席となってしまっているのですが、
志望してくださる方とは全員と会ってお話したいと思っております。

何とか日程を調整するか、日程が合わなければ個別にご対応させていただくこともしたいと思っていますので、引き続きご予約お待ちしております。


さて土曜日のブログで、今から妹のコンサート観にいきます~と書きましたが、そのコンサートが!
物凄く良くって感動したんです~

吹奏楽のコンサートで、一度聴いてみたいと思っていた有名な(←吹奏楽界で)指揮者の方が客演だったのですが、演奏にも指揮者の方の言葉にも、良い意味の衝撃をたくさん受けました。

まず演奏を聴きながら、吹奏楽って「会社」みたいで、物凄く統率の取れた「組織」だなぁと思いました。

トランペットが目立ったり、クラリネットが目立ったり、サックスの見せ場があったり、シンバルの見せ場があったり、実はずっと支えてくれてるコントラバスがいたり。
代わる代わるに誰かが主役になってサポートになって・・・

まぁもちろんそんなことはもう言い古されてる例えだとは思うのですが、
実際に自分の肌で感じるかどうかは大違い。

学生のときと違って、会社という組織に属している今だからこそ、本当に身に沁みて感じることが出来ました。

そして指揮者の方の言葉で一番印象的だったのが、吹奏楽の上達のコツは?という質問に対して
「決して指揮棒に合わせない事」と答えられたことです。

指揮者ご本人が、「指揮棒に合わせるな」と。
指揮者はあくまでもみんなの進む方向を導いているだけだから、棒ばっかり見ているとぎこちなくなる、と。

例えば行進でも、周りに合わせようと思って前の人や横の人を見ながら歩いていたら、それはすごくぎこちなくて、自分の歩きではない、と言われていました。
それよりも全員がしっかりと自分の足で歩いて、結果同じ方向に向かって行ければ素晴らしい、
と言われていて、会社も本当にその通りだなあぁと、思いました。

だからやっぱり会社選びも、みなさんが自分の足でしっかり歩けて、それで同じ方向に向かって行けるような会社に出会って欲しいなと思います。

他にも色々と示唆深い言葉を聞けて

「主体的主体的って、「主体的にやりなさい」と言ったら誰もが元気に「はい!」と言うけど、でもその時点でもう主体的じゃない」とか

「知的好奇心は何より大事。だって何事も、知らないより知ってるほうが、絶対に人生が楽しい」とか

採用活動にあたっても、今いっしょうけんめい考えている4月からの新入社員研修にあたっても、
ヒントになるような言葉がたくさんありました。

そして最後に。
3.11前日のコンサートだったので、コンサートの終わりに、震災追悼の曲を演奏されて、みんなで静かに祈りました。

で、それだけで終わらないのが凄いと思ったところです。
「追悼は大事ですが、特に関西はしんみりしてたらいけません!最後にみんなが元気になれるように・・・
嵐のメドレーをします!」と言われて。

最後はとても盛り上がりました。
被災者の方の悲しみには比べられませんが、きっとこの1年、みんなそれぞれに悲しみを蓄積したと思います。

演奏している人も、客席の人も、それぞれの悲しみがありますが
お客さんを必死に元気付けようと全力で演奏・パフォーマンスされている姿に、
思わず客席のみんな涙しました。

今もそれぞれ様々な状況がありますが、少しずつ、元気出していきましょう!
今は辛くて元気出せない人の分まで!

関西の企業として、元気なスポーツ店として
率先して日本を盛り上げていけるように、KOBEYAもがんばります


たかたに
スポンサーサイト
テーマ:就職活動応援
ジャンル:就職・お仕事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。